The Old Coin

古銭の画像

古銭や記念コインは、時代と共に当時の額面価格とは違いが出てきます。そのため、レアな古銭や記念コインとなりますと買取などで大きな値段がつくことも多いにありえます。たとえば、文政時代の小判ともなりますと、相場価格としては1枚当たり7万円の値段がつくことがあります。天保時代の小判も同様の値段がつくので値打ちがかなりあると言えるでしょう。江戸時代でなくとも明治時代の1円銀貨などは1枚当たり1500円程の値段がつくこともあるようです。当時の額面価格とはかなり違いが出てくることが良く分るかと思います。 記念コインとしては、長野オリンピックの当期競技大会の記念コインなどが、4万円近くの相場で買取されているようです。特に長野オリンピックなどの記念コインは、それほど多昔でもないので古銭よりも持っている方は多いのではないでしょうか。 このように、記念コインや古銭は当時の額面価格に比べて大きく相場に違いが出てきます。古銭を持っている人はかなり少ないかもしれませんが、記念となるコインなどは持っている方も多いのではないでしょうか、また持っていれば是非とも買取を検討してみると良いかもしれません。

気になる古銭や記念コインの買取相場

Sitemap