The Old Coin

古銭の画像

現代では紙幣と貨幣が存在し日本中に流通していますがこのお金という形で安定して使用されるようになったのは江戸時代からといわれております。過去に使用されていた貨幣の事を主に古銭と呼び、この買取相場は現在の貨幣と異なり価値が高い傾向にあります。これには記念コインや勲章なども含まれており同じく買取相場は高いといえます。 最古の古銭として和同開珎と呼ばれるものは8世紀に造られたものであり歴史の教科書にも掲載されるほど有名なものであり、他にも富本銭と呼ばれるものは和同開珎よりも古い時代であるという説があり議論を呼んでいます。平安時代になると金貨1つ銀貨2つ銅貨12個が造られたいわれ、これをまとめて皇朝12銭と呼ばれており朝廷が造った貨幣であるといわれております。この時代の後は昔の中国との貿易が盛んに行われるようになり中国の貨幣が日本に伝来した事からしばらくは日本の貨幣が使用されない時代が到来します。そして江戸時代に入ると寛永通宝などの有名な古銭が登場します。これはそれまでの貨幣と違い流通を主な目的として大量に造られているのが特徴です。 このように現在の貨幣と違い記念コインを含む古銭は現在に残っている数が少ないので買取相場が上昇する要因といえます。さらに現在の貨幣とは違い様々な魅力あふれる古銭や記念コインのコレクターも存在する事から需要が高いといえます。

古銭の歩んできた歴史と買取価値上昇の理由

Sitemap