The Old Coin

古銭の画像

古銭と記念コインはあまり注目されることはありませんでしたが、最近になってその価値が高まってきています。古銭と記念コインの違いは、古銭はお金としての価値がまだあるもの、記念コインにはお金の役割がないことです。両方ともその買取相場に違いがあります。例えば、ほんの最近まで使われていた昭和初期の古銭がその元の値段よりも数百円価値があがったのに対し、記念コインの価値は数千円ほど高くなっています。どちらも価値があがったことには変わりありませんが、記念コインの方が生産されている枚数やレア度が違うので、価格に差がついているのです。これを知っておくことで、買取相場に対して賢い知識を得ることができます。大抵の人は古銭の方に価値があると考えるので、お店側もわざと古銭のほうを高くして、一方の買取を安くすませようとします。しかし、実際は記念コインの買取相場が高いほうが正しいので、そのような違いをお店で見つけたさいには気をつけましょう。

古銭と記念コインの買取相場の違いについて知っておきたいこと

Sitemap